yam0080-009




とある場所に、1人の男の子が居た



男の子の名前は、たくや。



彼は、両親を幼い時に亡くしており、彼の上には、10歳以上年上の姉が居た


その姉は、弟である彼の両親代わりの存在だった


彼は唯一の姉に対して、いつもわがままばかり言っていた


そんな弟に、姉はいつも嫌な顔1つしないで、笑顔でそれを見守っていた





姉『そんな事ばっかり言ってると、女の子に嫌われちゃうぞ』


姉『さみしいんだね、大丈夫!ずっとお姉ちゃんが一緒に居てあげるからね♪』




それが、姉のいつもの口ぐせだった・・・







それから5年余りが経ち、唯一の家族である姉も、病気で亡くした・・・


それから彼は、親戚の家をたらい回しにされた


彼はどこに行っても邪魔者扱いされ続け、最後には施設に預けられる事になった・・・・・


その頃には、彼の心は既に荒んでしまっていた・・・


毎日が荒れた生活、そして辛く悲しい想いの日々が続いた





そんな彼が、唯一お気に入りの場所が有った


昔、姉と毎日の様に遊んだ小さな公園だった


姉は生前、社会人になり忙しくなってからも、彼と一緒にその公園に遊びに行く事を欠かさなかった


その公園にあるブランコに、姉と一緒に乗るのが、毎日の楽しみだった



その日も、こっそり施設を抜け出して、その公園に来ていた


いつもブランコに乗るのが日課だった



しかしその日は、既に先客が居た・・・


2つあるブランコの1つに、幼い女の子が居た





彼はいつも1人しか居ないこの公園に、しかもブランコに人が居るのに少し躊躇したが、なに食わぬ素振りで、いつもの様にブランコに腰掛けた




少し経ったくらいに、女の子が話しかけてきた






女の子『お兄ちゃんは、今何歳?』


彼『・・・・俺か?俺は15歳だよ・・・』


女の子『そっか♪あたしはね、今年で5歳になるんだぁ♪お兄ちゃんは10歳年上だね!』


彼『・・・・・』


女の子『お兄ちゃん、彼女とか居るの?』


彼(なんだこいつ・・・マセガキだな)


彼『居ないよ!俺には仲の良いヤツも居なければ、女なんてどうでも良いんだよ!』


女の子『そんな事ばっかり言ってると、女の子に嫌われちゃうぞ!』





女の子の言葉に、彼は何故か違和感を感じた・・・・・


それは、姉が生前によく言っていた言葉に似ていた


ただの偶然だと思った・・・






女の子『お兄ちゃん、何処に住んでるの?』


彼『施設だよ。』


女の子『・・・・』


彼『家族を亡くしてから、散々親戚共の家をたらい回しにされて、何処に行っても邪魔者扱い。』 


女の子『・・・・・』


彼『最後には施設に無理矢理預けられて、今の有り様だよ』


女の子『・・・・・・』


彼『その施設も、今年中学卒業したら、おさらばだ♪マジでせーせーするわ!』






そう言いながら、彼はブランコから降りて、公園を去ろうとした時・・・


女の子が、彼の足にギュッとつかまった・・・・・










女の子『さみしいんだね。ずっと一緒に居てあげられなくてごめんね・・・』







彼は、その言葉に驚いた


何故なら、彼の姉がよく言っていた言葉








『さみしいんだね、大丈夫!ずっとお姉ちゃんが一緒に居てあげるからね♪』






彼はとてつもない違和感を感じた




彼『・・・その言葉・・・』






女の子は、何故か彼と姉との思い出話を語り始めた・・・


よく考えたら、姉を亡くしてから5年余り・・・


そして、この幼い女の子は今年5歳・・・


女の子はこう言った・・・








女の子『もう、新しい家族が居るから、一緒に居てあげられないけど・・・これから幸せをいっぱい掴んでほしい!辛い想いを沢山させてごめんね・・・』


彼『・・・・・』


女の子『あたし、もうお家に帰らなきゃ・・・』


彼『・・・・・』


女の子『ずっと、幸せになる事を願っているからね』







そう言い残し、女の子は公園から去ろうとした時・・・










彼『・・・お姉・・・ちゃん?』


女の子『・・・・・』






女の子は、彼に近付いた


女の子の背丈くらいに、彼もかがんだ


女の子は、彼の頭を撫でながらこう言った










女の子『ずっと一緒に居てあげられなくて、ごめんね・・・』


女の子『でもね、お姉ちゃんは、ずっとたくやの心の中で生き続けてるから・・・だから、絶対に幸せになってくれないとダメだからね!』


彼『・・・・・』


女の子『あと、女の子には優しくしてあげなさいよ!じゃないと、女の子に嫌われちゃうぞ!』


彼『・・・・・うん・・・』


女の子『バイバイたくや…お姉ちゃんは、ずっとたくやの事が大好きだったよ』





女の子は、最後にそう言い残すと、公園から去って行った・・・



彼は、気が付いたらその女の子の言葉に、知らず知らずに涙が流れていた



荒んでばかり居てはダメだ!もっと前向きに生きていかなければいけないと、心に誓った・・・・・












『輪廻』・・・信じるか信じないかは、あなた次第です。