shitsuren_heart


恋愛には、様々な形がある


それは成就する確信がある恋愛


成就する事がない恋愛・・・




どちらにしても、一時的には『恋愛』している事には変わらないだけに、恋をすると一生懸命になるのは否めないと思います。


たとえそれが『不毛の恋愛』だったとしても・・・


その感情を抱く事によって、自身が満たされるからかもしれない。


たとえそれが『辛い恋愛』だったとしても・・・


一時的にでも、そんな感情の余韻に浸りたい




相手を好きになる事によって、心を満たされたいと言う願望・・・


『恋は盲目』と言う言葉が有るが、おそらくは周りが見えなくなる事によって、周りで起こりうる可能性のある『負の感情』を抑制する意味もあるのかもしれません。


ただ、その恋愛が満たされた時には、一時的な余韻が、恒久的な幸せに繋がるのかもしれない。


たとえその後に、その恋愛が破綻したとしても、その成就している間だけは、少なくとも満たされているのでしょう。




では、成就する事がない恋愛についてはどうでしょうか?


可能性がゼロでない限り、たとえその恋愛が99%成就する可能性が無かったとしても、残りの1%と言う希望がある限り、諦める事はないのは普通だと思う。


逆に、成就する事が全く皆無な場合、永久に満たされない事の様にもみえる・・・




それでも、何故そう言った恋愛を敢えてする人が、意外に多く存在するのか・・・


それは、現実的な願望ではなく、精神的な願望なのかもしれません。


例えば、人を好きになった事によって、その好きな人の事を考える事で、毎日が楽しい気持ちになれたりする。


その人と何らかの接点を持ち、そして会話等のコミュニケーションがとれたとき、気持ち的に嬉しいや楽しいの感情が芽生える。


たとえ将来、永久に成就する事がない恋愛だとしても、そんな交流が有るか無いかによって、だいぶ変わって来ると思う・・・





ただ、それには2種類に大きく分かれる様に思う


1つは、幻想で相手を好きになったりする『疑似恋愛』


もう1つは、リアルな願望が強く、最初は全く諦めていた場合でも、交流を重ねる事によって更に感情が昂り、尚且つ成就しないと言う確信の狭間に『とても辛い恋愛』に陥ってしまう場合


前者の様に、疑似恋愛を楽しむのなら、あまり辛くは無いと思う。


でも、後者の場合、やはり辛いモノになるのは必至だと思います。





私が、このブログを読んだ方々には、出来れば『辛い恋愛』を選ばない事を強く願いたいのですか、世の中そんな上手く行かないと思う。


それに私自身が、後者の『辛い恋愛』を敢えていつも選んでしまう傾向が有るからかもしれません。


成就する事が無くても、気持ち的に癒しを求める


成就する事が無くても、その一時的な瞬間でも『幸せ』を体感できれば、それはある意味本人にとっては良い事なのかもしれません。


『辛い恋愛』と言うのも、意外に体験しておくと、その後のステップアップにも繋がるかもしれません。




もちろん、出来れば『辛い恋愛』なんて体験しない事が一番良いのですが・・・






皆さんが、満たされ幸せな恋愛が出来る事を、切に願っています。