shitsuren_heart



恋愛とは、人それぞれ違うと思う。


それは偶然だったり、必然だったり


はたまた、一目惚れだったり、募った想いだったり。



でも、恋や愛やと言う感情は、相手の悪いところも受け入れてこそ、その恋愛感情と言うモノが真実なのだと思う。


人間は、誰しも『欠点』と言うモノがある。


そして、男と女の情事にも、お互いの欠点と言うモノは沢山あると思う。


これは、人はわずかな『幸せ』を得る為に、たくさんの我慢や苦痛を経験する、はたまたその生活の中で、沢山そんな思いをするモノだと思う。


その中で、お互いの僅かな『幸せ』と言うモノを実感し、ますます相手への恋愛感情が育っていくモノだと思う。




ただ、世の中には『自己満中枢満たしたいだけ』『自分に良い思いをさせてくれる人を好きになる』と言った、歪んだ『恋愛(モドキ)』を、真の恋や愛だと勘違いしている人が存在する。

それって、そこに本物の恋や愛は有るのだろうか?


自分は、そこに『恋』も『愛』も、全く無いのだと思う。

有るとしたら、ただ単に『スペアの愛』『ただなんとなく』の感情しか存在しないと思う。



正直、そう言う人って、本当の『恋愛』を知らないのだと思う。

それは、その人の人間性が悪いのではなくて、むしろそんな『本物の愛』を知らない、可哀想な人だと思ってしまう。。。



例えば、デートをする過程の中で、何かモノを買って貰ったり、はたまたご飯を奢って貰ったり、そんな過程があったとする。

しかし、たった1つの『欠点』を感じた瞬間、デートの過程であった出来事(良い思いをした出来事)が、無かった事にかき消され、その『欠点』ばかりを一方的に責める人も居る。


そんな人って、実際『本当の恋愛』を知っているのだろうか?

むしろそんな人は、相手に『酷い事』を言っている事に、全く本人が気付いて居ない事が多い。


例えば、服装をとっても、その相手がいつも買う服屋さんとか、そう言ったお店の事を『大した服が無い店』みたいな、相手を冒涜する様な事を、平然と言う。

そんな事を言われた相手は、それでもその人を愛したり、恋したり出来るだろうか?

自分がお気に入りのモノを貶されて、尚且つヘラヘラとしている人が、とても正常だとは思えないし、むしろ相手に対して『負の感情』しか芽生えない。



そして、そんな酷い事を言った本人には、全く自覚が無く、むしろ酷い事を言った相手を、更に人格否定までする。

そう言う人ほど、逆に自分自身が同じ事を相手から言われたら、物凄く怒り出したり、はたまた酷いことを言われたと被害者気取りになったりする。



それって、ただ単に『相手を自分の都合の良いピエロにしたいだけ』と言う、歪んだ感情でしかない。


そこに『真の恋愛』は、皆無だと思う。



まぁ、奇跡的に、その願望や自己満中枢を満たしてくれる相手が居たとしても、そう言う人は『相手を愛している』のではなく『相手の財力と傀儡精神にマヤカシの愛を感じている』に過ぎない。


本当に相手の事を想っているなら、たとえ欠点が多い相手だとしても、それを全て受け止めて『真実の愛』を確かめると思う。



最近、ふと思った事。。。



あなたは、大切な人が居ますか?

もしそんな人が存在するなら、まず相手の『欠点』から受け入れる事を考えてみてください。

そして、相手には何かを一方的に求めたり、自分だけが良い思いをしたいとか言う『歪んだ邪念』を持たないでください。


そうすれば、必ず『成就する恋愛』と言うモノは、いつか掴んで、幸せになれる日が来ると思います。


それが『真の幸せ』だと思います。


一時的な感情で『幻想の幸せ』と言うモノは、必ず破局・終焉が来ると思います。




中には、そのままフェードアウトされ離れて行ったと言う事実も、自身がそれに気付いていない人も居ると思いますが・・・



自分の思った相手では無かったとしても、それを後から人格否定までする様な人間に、マトモな恋愛が出来ると思えないから



相手の悪い部分も含めて、相手を好きになると言う事が、あなたの今の恋愛を、未来の幸せに繋げる事にもなるのだから。。。