a3b75288.jpg


恋愛には、いろいろなモノがある。


それは‥‥どんな形であれ、その人にとっては『恋』をしているのには変わりない


たとえそれが、叶わない‥‥不毛の恋愛であったとしても‥‥‥


両想いではなく、片想いの『恋愛』だったとしても‥


その『片想い』が、現実には極めて成就しないモノだとしても‥‥‥


その『一瞬』の時だけでも、そんな時間が『癒やし』になる事もある。




たとえそれが『成就』する事が永遠に無いとしても‥‥‥


一部の人々は、『片想い』や『不毛』な恋愛は、ただむなしいだけと言う人も居る‥‥‥


確かに、それは正論だと思う‥‥‥


正直わたし自身、過去は同じ感性だったから否定しない ‥‥‥




でも、そんな恋愛でも「気持ち」は生きている事‥‥


そんな気持ちこそが、生きていく中で「必要」な事では無いでしょうか?

 
たとえ、一時的なモノだとしても‥‥


その「一時的なモノ」でも、人によっては「何よりも大切なモノ」になる時がある。


そしてその「好き」という感情を持った相手には、少なからず「癒し」や「温もり」を感じている事‥‥‥





そのキッカケは様々だけど、どんな形であれ‥‥‥そしてその「恋」が成就しなかったとしても‥‥‥


相手の事を、恨んだり、憎んだりしないで欲しい‥‥


何故なら、最悪な「結末」になったとしても‥‥‥その「好きという想い」が現実にあった事


そして、その間の「癒し」や「温もり」が存在していたという軌跡があったと言う事‥‥‥


たとえその相手の優しさ、思いやりが「偽物」だったとしても‥‥‥


その偽物の想いが続いている間は、少なからず「癒されていた」事実がある事‥‥‥


たとえ「まやかし」だったとしても‥‥‥一時的には「心の支え」にもなっていた事‥‥‥


それに、マイナスな項目ばかりではなく、プラスな事を言うのなら、もしかしたら「片想い」から「両想い」になる可能性は、ゼロでは無いかもしれない‥‥‥


その「可能性」が、もしかしたら有るかもしれない。


気持ちが最初は「嘘」だとしても、その嘘が「現実」になる事もある‥‥‥


「好き」というまやかしの言葉が、いつしか「真実」になる事も有るという事


気持ちは、それが「本音」だったら、必ず「真実」が、いつか相手に伝わると言う事‥‥‥





その「恋愛」が、今は成就しなかったとしても‥‥‥


そして「永遠」に叶わなかったとしても‥‥‥


その「恋」をしていた事、そして「癒されていた」という事実は、変わらないのだから。





どれだけ傷付いても、どれだけ失恋しても‥‥‥‥‥‥


「恋愛」をする事を止めないで欲しい。





過去に恋愛に関して‥‥‥深い傷を持つ人も、沢山居ると思います‥‥‥



でも‥‥‥‥‥‥













少なくとも、あなたが存在すると言う事実‥‥‥


あなたには、沢山「恋」をして欲しい!




それで、万が一傷付く事が有ったとしても‥‥


それはね、傷付いた分だけ、あなたが優しくなれると言う事にも繋がると思う。


人は、傷付いた分だけ、人に優しくなれるのだから。






だから恐れずに「恋」をしてください


それが、あなた自身を「成長」させる糧にもなるのだから‥‥‥